はなのかんばせ

オタクによる誰かのためというわけではない雑記

文化的に

生きたいですね。友人と、「刹那的かつ文化的に、感情豊かに生きることができたら素晴らしいね」と話したことがあるのだけど、これが難しい。

社会、これは大きな意味でも小さな意味でもあるのだけれど、これが文化的に生きることを妨げてくる気がしますね。忙しなさに妨害されたり、俗物的な人に誑かせたり。要は自分の意思さえ、しっかりと待ち続けられれば良いのですけれど。そう上手くはいくものでもない。

勉強することで、文化的なものにたくさん触れ合って、楽しい人になりたいんですけど、最近の大学生は就職が目的だから勉学も保守的みたいな話を酒飲みながら教授に聞かされて以来、どうやって生きていけばいいんだ、みたいな気持ちでずっといる。

「芝蘭の室に入るが如し」という言葉が好きなんですけど、変な選民思想を持ってはいけないんですよね。アーレントを叩いてたユダヤ人のような感情になってしまいますし。停滞は良くない。思考しないことが〜。喫煙所で院生がアーレントの話をしてて、凄く混ざりたかった。

小説でも書いて、気分を落ち着けるというか、自分を少し現実から乖離させたい。