はなのかんばせ

オタクによる誰かのためというわけではない雑記

メロンクリームソーダの幻想

メロンクリームソーダをご存知だろうか。

メロンソーダにクリーム、つまりアイスクリームが乗った例の飲み物である。私はよく喫茶店でメロンクリームソーダを注文するのだが、それは各喫茶店によって様々な特徴がある。

メロンクリームソーダはただメロンソーダにアイスクリームを乗せただけの飲み物ではない。メロンソーダの量とアイスクリームの量の比率、更にはアイスクリームをメロンソーダに浸水させる割合、また値段設定に至るまで様々な要素が組み合わさって構成される作品なのである。

私が好きなメロンクリームソーダは三宮のとある喫茶店にある。そこのメロンクリームソーダには夢が詰まっている。グラスに注がれたメロンソーダの凡そ半分に至るまでアイスクリームが浸っているのである。その光景は、ファミレスにあるただメロンソーダにアイスクリームを乗せた紛い物とは一線を画す。メロンソーダの半分にまで侵攻を進めたアイスクリームはいつまでも私に、あの懐かしきアイスクリームを食べきった後の残り滓としてのメロンソーダを思い起こさせない。それは、在りし日との決別であり、新しき日との出会いであった。私は昔日よりも金銭の寡多によって、美味しいということを学んだのだった。

前置きが長くなったが、この記事はいろはすメロンクリームソーダについてのレビューとして書いている。

いろはすの新種であるメロンクリームソーダは、その値段設定もさることながらアイスクリームが入っていないにもかかわらずメロンクリームソーダを謳っている点でメロンクリームソーダ界の紛い物の王といっても過言ではない。

その私の思いは変わらない。ただ、このいろはすメロンクリームソーダは恐ろしい飲み物であるという事実もまた変わらない。

いろはすメロンクリームソーダはアイスクリームが入っていないにもかかわらず、クリームソーダの味を再現しているのである。炭酸を通して味覚に伝わってくる味には、メロンソーダだけではないという感覚がある。それは言うまでもなくアイスクリームの味である。あの値段設定でこの味を再現してしまういろはすメロンクリームソーダは恐ろしいのだ。

しかし、メロンクリームソーダには見落としてはならない必要条件がある。それは、アイスクリームとメロンソーダを一緒に飲んだときに生じる食感である。味は食感ではなく、食感は味ではない。いろはすメロンクリームソーダはたしかにメロンクリームソーダの味を高い完成度で再現していた。けれど、その食感までは再現していない。

そこに私はメロンクリームソーダの幻想を見たのだ。