はなのかんばせ

オタクによる誰かのためというわけではない雑記

しんどい

 最近生活してて、しんどいなって思うことが増えたような気がする。たまに、ふっと胸が締め付けられて、気分が落ち込んで、ああしんどいなってなる。生きてることがしんどい、とまで言ったらあれだけど、まあ人と関わることがしんどいわけです。

 欲張りだから、与えられた、偶々手に入ったものに対してそれ以上を求めてしまうんですね。そうしたら、全部なくなってしまうことなんて、今まで生きてきてそれこそ何回も学んでいるのに。一番近くにあったものさえ、零れ落ちてしまっているのに、今更なあという気持ちがある。

 

 しんどい。気がついたら大人になってた。そういえば、大人ってなんだよって近頃よく思うんですね。思春期っぽいけれど。たぶん精神が幼いんでしょうね。で、大人ってなんだろうなあ。自分の尊敬できる人を思い浮かべてみると良い、それがあなたの思う正しい大人の姿なんだ。正しさなんて、いく通りもあるんだよ、君は君が思う正しい大人になればいい、なんて言ってみる。全部嘘っぱちなんですけどね。なんとなく、わかったようなことを言う癖があるから人に飽きられるのかなあ。

 納得して生きる、平気な顔して生きる、どうしてそんなことができるのかわからないこともあるらしい。僕もよくはわからないけど。

 知らない大人に怒鳴られて、世の中には見ず知らずの人に暴言を吐く人もいるのだなあと知りました。叱る人、怒鳴る人、わかったような顔して説教する人、諭す人、全員嫌いです。そこに発生するエゴというか、一時的なんですけど、私はお前より立場が上なんだぞみたいな感情が凄く嫌いなんですよね。だから、僕はそういうことしない人になりたいけど、無理だから誰とも関わらないようにして生きていきたいなあとか思うわけで。

 でも、やっぱり1人は寂しい。誰かと一緒に歩くこと、誰かと話をすること、それはきっと楽しいことなんですよね。でも、関わりすぎると自分の醜さが全面に出て離れられるんですけど。

 世の中思っていても言わない方が上手くいくことが多いなあと思った昨日でした。「美女と野獣」おもしろかった。

 今日は服とか買ったので、またお出かけしてみたい。

 

 楽しくいきましょう。書きたいことが多すぎるので、そのうちエッセイかエッセイ風の小説とか書くかもしれない。